不動産担保ローンを使ってみる

借りたお金の使い道は自由

不動産担保ローンは低金利で高額の融資が受けられる / 借りたお金の使い道は自由 / デメリットは手数料がかかること

金利が低いことと並んで、比較的高額の融資を受けられるというメリットもあります。
もちろんこれは担保とする不動産そのものの価値によりますから全てのケースで当てはまるわけではありませんが、一般的には高額の融資を受けることができます。
同じようにカードローンと比較しますと、カードローンでは極度額は200万円とか300万円程度、いくら高くても1000万円になることはまずないのに対して、不動産を担保とする場合には極度額は1億円に達することも珍しくありません。
なお、実際に借りられる金額は不動産価値の100%となることはありません。
そんなことをしては、貸した直後に貸し倒れになった場合に、金融機関にとっては事務的な手続きに要するコストの分は取り戻すことができなくなってしまうからです。
一般的には不動産の価値の7割から8割程度までしか借りることはできません。
また、借りたお金の使い道が限定されないということもメリットの一つです。
これは一般的なカードローンなどでも同じですが、例えば自動車ローン、教育ローン、医療ローンのように借りたお金の使い道が限定されてしまう融資と比べると自由度が高いというメリットがあります。
一方でデメリットですが、最も大きいのが手数料がかかるということでしょう。