不動産担保ローンを使ってみる

不動産担保ローンは低金利で高額の融資が受けられる

不動産担保ローンには多くのメリットがあります。
もちろんメリットばかりではありませんが、うまく利用する限りは他のローンを組むよりは良いケースも多いでしょう。
不動産担保ローンは不動産を持っていないと利用できないことは当然ですが、不動産とは土地だけでなく建物であっても構いません。
ただし土地とは異なって建物は経年劣化がありますから、築年数が長ければ長いほど担保価値は低くなってしまうというデメリットがあります。
できれば経年劣化などのない土地が望ましいでしょう。
不動産担保ローンの大きなメリットとしては、やはり金利が安いことに尽きるでしょう。
融資する金融機関から見れば、不動産という現物資産があるわけですから、いわゆる貸し倒れになってしまうリスクが低いのです。
貸し倒れになってしまうリスクがあれば、一定の割合でそれが発生することを見込んで金利を高めに設定する必要があります。
無担保、無保証人で融資してくれるカードローンなどの金利が比較的高くなっているのはこのような理由によるもので、いくら審査をしたところで担保もなければ保証人もない状態で融資をする場合には貸し倒れが発生することを予め計算に入れておく必要があると考えられているわけです。

不動産担保ローンは低金利で高額の融資が受けられる / 借りたお金の使い道は自由 / デメリットは手数料がかかること

不動産担保ローン不動産担保ローンの審査基準や金利